1-07

スタートアップ直後で人が少ない場合

これから企業していこうとしている企業や個人などにとっては、賃貸事務所・レンタルオフィスはとても魅力的なものと言えます。現在全国各地の地方自治体や公共機関が、情報機器などを提供するところが多くなっています。

初期費用が少額で済むことです。ほとんどはNPO法人の形態をとり、インターネット環境から登記住所などを一般の店舗などの貸事務所よりも、はるかにローコストで提供しているのです。

小規模な事業を営んでいたり、スタートアップ直後で人が少額場合に、必要最小限のスペースを利用したいのであればレンタルオフィスが最適です。金銭面でのメリットもあります。

そのかわり通常のオフィス賃貸と異なり、支払いが滞ったら即退出しなければなりません。もともと、賃貸事務所は独立支援という意味が強壮からです。

それに入居審査が比較的ゆるいので、事業実績などがあまりなくても、当面の支払いができるなら入居審査通過となる施設がたんまりです。会議室や複合機、カフェスペースなどを利用できる施設もあります。

賃貸事務所・レンタルオフィスの借り手は、個人企業家やこれからビジネスを拡大していきたいが、資金をできるだけ低予算にしたいという企業やがメインとなっています。保証金が低額(1~3ヶ月)でオフィスも内装済みで家具付の場合もあるので、入居初期費用は通常のオフィス賃貸の半分程度で済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


関連記事


おすすめ記事