1-01

業種の特徴にも配慮

オフィス賃貸については、収入から考えるということもあると思いますが、収入から考えると、賃料は高くなり過ぎると考えます。その場合には、1年間でも収入が低級時期のものを元に考えると格好と思います。

業種の特徴にも配慮して、オフィス賃貸を決める必要があります。業種にもよりますが、郊外でも影響のない場合には、オフィスは、郊外の方が最善でしょうし、パートの採用も、郊外の方が比較的安定して集まりやすいと思います。

業種によっては、収入が時期によって安定的ではないと思います。地価が高ければ、賃料も高くなります。

オフィス賃貸については、場所によって、賃料も変わりますが、従業員や取引先の利便性でも考えなければなりません。慎重に考え、今の安定的と考えられる収入からの賃料を算定すべきです。

無理のない計画的な経営が、今の経営者に求めらるものであり、予見可能性を考えて、オフィス賃貸を借りるべきだと思います。従業員の交通費の費用も考慮しなければなりません。

収入を上げることは、余程のことがない限り、至難ですし、収入を上げることを前提に、オフィス賃貸を借りるのは、大変無理があります。オフィス賃貸に求めらるのは、会社の利便性です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


関連記事


おすすめ記事